ダイエット・筋力アップに効果的なBCAA

筋肉は三つのアミノ酸から作られる

アミノ酸のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンの三種類と「分岐差アミノ酸」と呼びます。英語で書くと「Branched Chain Amino Acid」となるので、その頭文字を取って「BCAA」と呼びます。

このアミノ酸は、筋肉の組織「アクチン」「ミオシン」の主成分で、筋肉中のたんぱく質に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めています。

運動中、筋肉は躍動し、そこに熱が生まれ、カロリーを消費します。人の体は運動をすると、筋肉からエネルギーに変える性質があります。激しい運動でBCAAが不足すると、運動中や運動後の体がエネルギー不足に陥り、集中力やスタミナの低下、スピードダウンの原因になります。

趣味でウォーキングやランニングを楽しむ人から、プロのスポーツ選手まで、運動の前、最中、後にはアミノ酸の摂取が欠かせません。効率よくアミノ酸を摂取することで、健康でより集中した運動を行い、疲れにくく強い体にすることが出来るのです。

ダイエットにも効果的な「BCAA」

おなか周りに脂肪がつく「メタボリックシンドローム」。若いときは何ともなかったのに、最近、食べ過ぎるとすぐにおなかが出てしまう…というのは、加齢に伴って体の基礎代謝が低下しているから。

人の体の消費エネルギーが最も多いのが筋肉です。体中の約4割の基礎代謝を担う筋肉が増えれば、起訴代謝が増え、自然と脂肪がつきにくい体になります。

体に脂肪をつきにくくするためには、普段から適度な運動を続けて行うことが一番です。さらに、筋肉中のたんぱく質を作る「BCAA」を補うようにすれば、さらに効果的にダイエット・メタボ予防が期待できます。

BCAAを摂取するすることで、筋肉を減らさずに増やし、疲れを予防する効果が期待できます。脂質や糖分の摂りすぎに注意し、食事やアミノ酸飲料などで積極的に「BCAA」を摂って運動すれば、ダイエットにも運動にも、より効果的なのです。

このページの先頭へ