ツラ~い飲み過ぎ・二日酔いにアミノ酸

ビール、日本酒、ワインなど、お酒は大人の社交や愉しみの場に欠かせない飲み物です。呑んでいて楽しい分にはかまいませんが、飲み過ぎた後の吐き気やめまい、千鳥足などは困ったもの。そもそも、お酒を飲むとなぜ酔いが回り、二日酔いになるのでしょうか。

酒を呑むと体の中では、エチルアルコールとアセトアルデヒドという物質に分解されます。エチルアルコールは脳を麻痺させて陽気な気分にさせ、判断力や集中力、抑止力を下げます。

一方、アセトアルデヒドという物質は、顔の赤さや二日酔い、発がん性リスクなどを上昇させる有毒なものです。アセトアルデヒドは体内で肝臓で代謝されます。人によって「お酒に強い・弱い」が分かれるのは、肝臓でのアセトアルデヒドの代謝力が違うからです。

どんなにお酒に強い人でも、多量のアルコールを飲むと急性アルコール中毒などを起こし、命の危険を招きます。これは、肝臓でアルコールの代謝が間に合わなくなって起こる症状です。

その他、アセトアルデヒドには、咽頭がんや食道がん、肝がんや大腸がん、乳がんなどのがんリスクが指摘されています。また、肝臓でアルコールを分解する際に中性脂肪の合成が進むため、脂肪肝のリスクも上昇。肝硬変や肝がんなどの引き金になります。

アミノ酸で二日酔い予防

お酒を飲んだ後、二日酔いから回復するためには、アセトアルデヒドの代謝をすみやかに行う必要があります。肝臓がアセトアルデヒドを代謝する手助けになるのが、アミノ酸です。

BCAAのバリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、グルタミン、システインは肝機能の向上に力を発揮するアミノ酸です。アラニンやグルタミンは体の中で糖を作り出す糖原性アミノ酸です。アラニンやグルタミンが糖を作るときに、アルコール分解の補酵素を消費します。この作用で、肝臓での分解がよりはかどると考えられます。また、システインはアセトアルデヒドの解毒に直接役立ち、アルコール分解酵素の働きを助けます。

アミノ酸が豊富に含まれる食品をつまみながら呑み、二日酔いの後に食べることで、悪酔いや二日酔いを軽くすることが出来ます。チーズや魚介類、ナッツ類や豆類はおつまみにも最適。上手につまんで、悪酔いを防ぎましょう。

二日酔いから肝機能向上まで効果を期待できるオルニチンも要注目!肝臓に良い!オルニチンサプリも参考にしてみて下さい。

このページの先頭へ