「基礎知識」の記事一覧

アミノ酸の摂り過ぎ・不足が招く症状

amount

アミノ酸は体に必要不可欠なもの。しかし、多すぎても少なすぎても健康に悪影響を及ぼします。不眠、血圧低下、興奮、免疫力低下など、過剰摂取と不足が招くいろいろな症状を具体的に紹介します。

単体で働く遊離アミノ酸

extrication-amino

アミノ酸は全部で約500種類以上。その中には特に人体に有効と言われているものが存在します。体内で単体で活躍する「遊離アミノ酸」を中心に、具体的な効果を紹介。動物による違いについても触れています。

非必須アミノ酸だって身体には大切

non-essential-amino

体内で合成可能な11種類のアミノ酸を「非必須アミノ酸」と呼びます。合成できるとはいえ、身体にとても重要な役割と果たします。それぞれの機能について詳しく紹介します。

体内で合成できない必須アミノ酸

essential-amino

人体を構成するアミノ酸は20種類。そのうち、体内で合成できない「必須アミノ酸」は9種類です。毎日の生活、食事で必ず摂取したい必須の成分です。その一つ一つの働きと重要性を、詳しく紹介します。

アミノ酸とたんぱく質の違い

amino-protein

アミノ酸とたんぱく質は同じものですが、表記によってアミノ酸、たんぱく質、プロテイン、ペプチド…さまざまな名前があり、わかりにくいもの。それぞれの言葉の意味を詳しく説明します。

アミノ酸発見の歴史

history

アミノ酸は生物の定義に重要な役割を果たしています。しかし、その存在は、実は近年になって発見されたもの。地球生命の誕生の謎と、アミノ酸の深い関わりについて紹介します。

生命を作るもと「アミノ酸」

life

生きていく上で必要不可欠な要素の一つが「アミノ酸」です。「生命を作るもと」と言われるのはなぜでしょうか。アミノ酸が構成する体の細胞と、命のつながり、必要性について紹介します。

このページの先頭へ