シミ・くすみの解消にもアミノ酸が効果を発揮

シミをつくる「メラニン色素」の仕組み

シミの元は「メラニン色素」です。メラニンはもともと、紫外線や摩擦、けがなどのダメージから、肌を守るために作られる物質です。人の肌の細胞には、メラニン色素を作る「メラノサイト」という細胞があり、ここがメラニンを作るもとになっています。

日焼けするとシミが出来るのは、紫外線のダメージから「メラニンを作れ」という指令が脳から出され、メラノサイトがメラニンを生成してしまうから。それが肌の表面にあらわれると、シミやソバカスになります。

一度出来たシミやソバカスも、肌のターンオーバーとともに徐々に薄くなります。しかし、加齢とともに肌のターンオーバー周期は長くなるため、シミやソバカスといった、肌のくすみが目立ってしまうのです。

「システイン」でシミを抑制

アミノ酸の一種、「システイン」には、ビタミンCとともにメラニン色素の茶色や黒を無色にする働きがあります。また、肌のターンオーバーを促すため、メラニン色素を排出する効果も期待できます。

システインは体内で合成できる「非必須アミノ酸」の一つですが、年齢とともに合成率が下がってしまうので、サプリメントなどで補うとより効果が期待出来るでしょう。体内ではビタミンCとともに働くため、ビタミンCのサプリメントに一緒に配合されていることも多い成分です。

システインが多い食品はニンニクや赤ピーマン、ブロッコリーなど。また、体内では必須アミノ酸のメチオニンから生成されるため、たまごや果物、肉類、ナッツ類、豆類などもバランス良く摂取するとよいでしょう。美白だけでなく、ハリやツヤ、若々しい肌のためにも、バランス良くアミノ酸を摂ることをオススメします。

加えて、肌へのダメージを最小限に抑えるためには、「日焼け止めや帽子、日傘などでUVケア」「冷えをなくして血液を循環をよくする」「肌の乾燥を防ぐ」「ストレスをためない」といった、日常的な心がけも大切です。UV対策と、体の内側からの対策で、透明感のある肌を目指しましょう!

このページの先頭へ