非必須アミノ酸だって身体には大切

人の体に必要不可欠な「必須アミノ酸」以外で、体内で合成できる11種類のアミノ酸のことを「非必須アミノ酸」と呼びます。非必須とついていますが、体を構成するアミノ酸で、体に大切なアミノ酸です。詳しく見ていきましょう。

アラニン
たんぱく質に豊富に含まれており、糖質の代謝に重要な役割を果たすアミノ酸です。アラニン自身もエネルギーとして利用されやすいのが特徴。細胞質にも多く存在します。
アルギニン
成長促進に重要なアミノ酸で、子供のうちは特に摂取が必要な「準必須アミノ酸」です。その他、体内からアンモニアを除去し、性機能の改善や免疫力向上、血管機能を正常に保ちます。食欲抑制効果もあります。特にケガや病気などにかかっている時には、十分に補給したいアミノ酸です。
アスパラギン
アスパラガスの芽から発見されたアミノ酸です。名前もアスパラガスに由来しています。エネルギーを作り出す手助けや、スタミナアップ、肝臓を守る作用があります。
アスパラギン酸
アスパラガスに多く含まれるアミノ酸で、カリウムやマグネシウムの吸収効率を高めます。利尿作用や老廃物処理の働きのほか。疲労物質である乳酸の分解を促すので、疲労回復効果もあります。
グリシン
生物誕生の前から存在していたとされる、最古のアミノ酸です。構造が非常に単純な特徴があります。安眠効果やコラーゲンの元となります。
グルタミン
筋肉に多く含まれるアミノ酸で、筋肉を合成するのに関わっています。胃腸の粘膜を保護する役割や、消化吸収・腸から病原菌が進入するのを防ぐ働きがあります。
グルタミン酸
うま味成分の一つで、疲労回復やアルコール依存症の抑制効果、ED治療にも用いられるアミノ酸です。最近では統合失調症や認知症の治療にも効果が期待されています。化学調味料に多く含まれるため、過剰摂取のおそれもあります。
システイン
髪の毛や爪に多く含まれるアミノ酸です。シミの原因となるメラニン色素を抑制する働きがあります。髪にパーマをかける時の巻き毛の加減は、システインの働きによるものです。その他、活性酸素の除去や傷の治療、X線や放射線の害から体を守る働きもあります。
セリン
グリシンの原料となるアミノ酸で、保湿効果があり、化粧品にも使用されます。リン脂質やグリセリン酸にもなります。能を活性化する効果があるため、認知症にも効果が期待されています。
チロシン
必須アミノ酸の一つ「フェニルアラニン」から作られるアミノ酸です。神経伝達物質の「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」などを生成し、ストレス軽減や記憶力向上、脳の働きを正常に保ちます。ます。甲状腺ホルモンやメラニンの原料にもなります。
プロリン
コラーゲンを作るのに必要なアミノ酸の一つで、壊れたコラーゲンを修復する働きもあります。脂肪の燃焼にも関わり、エネルギーとしても利用されます。

非必須アミノ酸は、体内合成できるとはいえ、重要な役割を果たすものばかりです。必須アミノ酸とともに、毎日の食事でバランスよく摂り、健康的な生活を目指しましょう。

このページの先頭へ