アミノ酸発見の歴史

アミノ酸という物質が初めて見つかったのは、アスパラガスの芽からでした。1806年、フランスの化学者、ルイ=ニコラ・ヴォークランとピエール=ジャン・ロビケが、アスパラガスの汁から結晶としてアミノ酸を取り出すことに成功。これが「アスパラギン」というアミノ酸です。

更に、アスパラガスからはアスパラギン酸、尿結石のなかからシステイン、ゼラチンからグリシン…といったアミノ酸の発見が相次ぎました。1935年までにたんぱく質を構成するアミノ酸のすべてが見つかり、タンパク質を構成されているものがアミノ酸だということがわかったのです。

発見したのは日本人

アミノ酸の発見には日本人も貢献しています。1866年にドイツで、小麦粉のたんぱく質から「グルテン」を取り出し、そのアミノ酸を「グルタミン酸」と命名。1908年に東京帝国大学(現在の東京大学)教授だった池田菊苗によって、だし昆布からも同様の「グルタミン酸」が発見されました。これが味の美味しさの決め手となる「うま味」であることも発見し、味覚の一つである「うま味」の確立の足がかりとなりました。

アミノ酸はどこから来たのか?

現代の生物学では、代謝をはじめとする「自分を維持し、子孫を増やし、他のものと区別できる」ことが生き物の定義となっています。しかし、原初の地球になぜ生命が誕生したのかは、現在でも定かではありません。代謝にはアミノ酸が欠かせないため、原初の地球でどのようにアミノ酸が作られたのかについて、議論や実験が重ねられてきました。

1953年、ユーリーとミラーによる実験では、メタン・水素・アンモニアに電気火花を散らし、グリシン、アラニン、アスパラギン酸などのアミノ酸を生成させることに成功しました。このことは、後々の生命起源説に大きな影響を与えます。

現在では、ユーリーとミラーの実験と、原初の地球の状態は異なるものとされています。宇宙から落ちてきた隕石の中に、グリシンやアラニン、グルタミン酸などのアミノ酸が発見されていることから、「生命の起源は宇宙から来た」という説。現在の生命にアミノ酸が欠かせないことから「タンパク質がはじめから存在しており、その情報が伝えられて進化した」説。

諸説ありますが、アミノ酸から生命が発達していき、現在の生き物のもととなったことは明らか。アミノ酸が「生命のもと」であるという言葉は、人間にとっても、それ以外の生き物にとっても当てはまる言葉なのです。

このページの先頭へ