体内で合成できない必須アミノ酸

人体に必要なアミノ酸は20種類。そのうち、体内で合成されず、食物から摂り入れるしかないものを「必須アミノ酸」といいます。必須アミノ酸は9種類。詳しい働きを見てみましょう。

バリン
ロイシン、イソロイシンと並ぶ分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つ。筋肉を作り、強くするのに欠かせないアミノ酸です。筋肉で代謝されるため、激しい運動をするときには意識して摂りたい必要なアミノ酸です。
ロイシン
バリン、イソロイシンと同じ分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つ。筋肉を強くし、たんぱく質の合成を促すします。その他、子供の成長や大人の体内窒素バランスを調整するのに欠かせません。普通の生活では不足することのないアミノ酸の一つです。
イソロイシン
筋肉に多く含まれ、筋肉増強や成長促進に必要なアミノ酸です。肝機能強化や血管の拡張、疲労回復にも役立ちます。バリン、ロイシンと合わせて分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つです。
リシン(リジン)
免疫力の向上やホルモン・酵素の生成、カルシウムの吸収力を高めるなど、さまざまな働きを持ちます。穀物には含有量が低いため、そのため、炭水化物が多い生活をしていると不足しがちになります。
メチオニン
かゆみなどのアレルギー症状を起こす「ヒスタミン」という物質の血中濃度を下げる効果があり、抑うつ効果や肝機能の向上にも役立つアミノ酸です。不足するとむくみや動脈硬化、抜け毛などが起こります。
フェニルアラニン
脳からの信号を伝える神経伝達物質となるアミノ酸です。精神安定や食欲抑制、鎮痛効果があり、月経前症候群(PMS)やADHDなどの症状改善にも期待が寄せられています。さまざまな食品に含まれています。甘味料の「アステルパーム」の原料にもなります。
トレオニン(スレオニン)
成長や新陳代謝を促し、肝臓に脂肪がつくのを防ぐアミノ酸です。
トリプトファン
肝臓で「ナイアシン(ビタミンB3)に変化するアミノ酸です。ビタミンB6やマグネシウムなどと共に、精神状態を安定させる「セロトニン」生産を助けます。過剰摂取で、血圧上昇や顔の紅潮、かゆみを引き起こします。
ヒスチジン
成長を促し、神経機能を助けます。乳幼児の間は体内で合成できないアミノ酸として、長らく「子供の必須アミノ酸」と考えられてきましたが、最近の研究では大人にも「必須アミノ酸」として加えられるようになりました。

大人にとっての「必須アミノ酸」は以上の9種類です。更に、子供の間は合成量が少ないアルギニン・システイン・チロシンなどを合わせて「準必須アミノ酸」として扱う場合もあります。

このページの先頭へ