アミノ酸の摂り過ぎ・不足が招く症状

不足によるリスク

アミノ酸は体に重要ですが、不足は体調不良や病気の原因になります。不足時の具体的な症状を見てみましょう。

  • 成長の阻害
  • 筋力低下
  • 体力の減少
  • うつ病
  • ホルモンバランスの異常
  • 免疫力の低下
  • 脳や神経の機能低下
  • アレルギー症状
  • 肝臓肥大・脂肪肝などの肝臓病
  • エネルギー不足
  • いらいらや不安感、落ち着きのなさ
  • 利尿作用の低下
  • むくみ
  • 動脈硬化
  • 抜け毛
  • 不眠

アミノ酸は体内で20種類がいくつもの役割を果たしていますが、不足すると上記のような症状が現れることがあります。神経から筋肉、内臓や脳、血液に至るまで、まさに体全体に関わる問題が起こりやすくなるのです。

日本での普段通りの食生活を行っていれば、アミノ酸が極端に不足することはほとんどありません。しかし、飢餓や飢饉などで十分な量が摂取できない環境では、アミノ酸不足による病気や成長阻害など、深刻な問題が起きています。

アミノ酸の過剰摂取によるリスク

それでは、逆にアミノ酸を多く摂り過ぎるとどうなってしまうのでしょうか?具体的な症状を見てみましょう。

腎臓への負担が大きくなるリスク

  • 腎臓病
  • 糖尿病性腎症

アミノ酸は多少、摂り過ぎても尿素となって出ていきますが、あまりに高たんぱく質(アミノ酸が多く含まれるもの)を摂取し続けると、腎臓に負担をかけることになります。特に、糖尿病を患っている人や、腎臓に疾患のある人は注意が必要です。

その他のリスク

  • 手足のしびれ
  • 神経の興奮
  • 幻覚作用
  • 血圧の上昇
  • 皮膚の紅潮・かゆみ
  • 血糖値の上昇
  • 尿酸値の上昇
  • 高メチオニン血症

アミノ酸の過剰摂取では、以上のような症状が起こりやすくなります。特に化学調味料に含まれるグルタミン酸は、食品に添加されていることも多いため、知らないうちに摂り過ぎている可能性も。特に「必須アミノ酸」の過剰摂取には注意が必要です。

また、高メチオニン血症という病気もあります。先天性と一過性とがあり、先天的な場合は、生涯メチオニンが代謝されないため、食事に注意が必要です。一過性の場合は、高カロリーのものを摂り過ぎるとなりやすい病気で、視力低下や肝障害などの原因になることもあります。

アミノ酸の不足も、過剰摂取も体を害します。毎日の食事できちんと、適度なアミノ酸をバランスよく補いましょう。

このページの先頭へ